先輩からのメッセージ

経理

東京本社

鶴田 寛子

日々新しいことにチャレンジする絶好の場

私は2012年に入社し、経理の仕事をしています。主に勤怠管理や入出金管理、業績報告の資料作成などを行っています。また、本部の企画開発のアシスタントの仕事も行います。入社当初は業務アシスタントを担当し、海外製品の資料の翻訳や、新しい企画の手伝いなどを経験しました。鬼清水工場での現場研修や、マーケティングセミナーにも参加しました。今でも経理業務に関連するセミナーに行く機会があります。

大学の専攻は経営工学でした。簿記や生産管理、コンピュータなど、企業活動に直結する勉強の他、研究室では地球環境やエネルギーなど、社会システムの動きをみる研究をしていました。ピーエスに入社したいと思ったのは、『モンスーン日本の室内気候』という本を読み、ピーエスの仕事と市場の広さに強く興味を持ったことがきっかけです。

会社は、日々新しいことにチャレンジする絶好の場です。私は普段お客様と直接お会いする機会が少ないのですが、あるとき急遽ショールームでお客様の対応をすることになりました。説明などが不慣れで慌ててしまいましたが、落ち着いてお客様のお話をよく聞いて、営業部の先輩にバトンタッチしました。普段はあまり顔を合わせる機会が少ない他の部署の先輩社員とも、土曜日の勉強会や社内イベントなどで交流できますので、私はこのチャンスを大切にしています。

夜に家に帰るとへとへとですぐに寝てしまうこともあるくらいですが、会社の休み時間には植物を眺めたり、外を歩いたりしています。東京本社は代々木公園のすぐ近くで、緑の多い良い環境です。また音楽が大好きなので、家ではギターを弾いてリフレッシュしています。