ユニット型気化式加湿器 NPS-507,1207型

加湿方式気化式
型式NPS-507L、NPS-507D、NPS-507S、NPS-1207D、NPS-1207S
※NPS-366A*、NPS-366*、NPS-845A*、NPS-845*共通

エラーコード一覧

コード(警告) コード(故障) エラー内容 製品の状態 ランプ/表示 詳細
- Er-06 漏水警報 運転停止 漏水ランプ点灯 詳細はこちら
- Er-07 ファン過負荷保護 運転停止 送風機故障ランプ点灯 詳細はこちら
CLEAN - 清掃要求 運転継続 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Er-06
エラー内容漏水警報
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Er-07
エラー内容ファン過負荷保護
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)CLEAN
コード(故障)-
エラー内容清掃要求
製品の状態運転継続
詳細 詳細はこちら
●エラーがある場合は、上部のディスプレイにエラーコードが表示されます。(通常は運転時間合計値を表示)
■運転ランプ 運転スイッチONで橙が点灯します。
■加湿ランプ 正常運転時、赤が点灯します。
■漏水ランプ 黄が点灯します。ドレン水の排出が正常に行われていないため、ドレンパンに水がたまった状態になっています。配管のつまり等、原因を取り除き、水の流れを確保すると消灯します。
■送風機故障ランプ 黄が点灯します。ファンに過負荷がかかっています。フィルタの清掃等、ファンの過負荷の原因を取り除き、サーマルリレーを復帰させると消灯します。

日常利用時の運転の開始と停止

  • 運転の開始

    1.

    自動運転スイッチを押してください。運転ランプと加湿ランプが点灯します。(設定湿度に達している場合は加湿ランプは点灯せず、加湿は行われません)

    2.

    湿度調節器の設定が適正値であるか確認してください。

  • 運転の停止

    1.

    自動運転スイッチを押してください。加湿運転が停止します

    2.

    その後気化式加湿の加湿材乾燥のためのアフターラン運転(出荷時設定は4時間)が始まります。設定した時間に達するとファンの運転も停止します。

  • 長期間運転を休止した後の運転開始

    1.

    給水バルブ(現地手配)を開きます。

    2.

    現地配電盤の加湿器用ブレーカーをONにして下さい。

    3.

    加湿器内蔵の漏電遮断器をONにして下さい。

    4.

    湿度調節器を接続している場合は、湿度の設定をあわせて下さい。

    5.

    自動運転スイッチを押して下さい。 ファンが回り加湿材への給水が始まります。

  • 長期間使用しない場合の停止

    1.

    給水バルブを閉じて下さい

    2.

    自動運転スイッチを押し、加湿器本体の運転をOFFにします。

    3.

    加湿材乾燥のためのアフターラン運転が始まります。終了後、ファンが停止したことを確認したら加湿器内蔵の漏電遮断器をOFFにします。

    4.

    現地配電盤の加湿器用のブレーカーをOFFにして下さい。

FAQ 全てを開く 全てを閉じる

FAQ