飲食施設

飲食施設に求められる室内気候

飲食施設には、ゆっくり食事を楽しめる、清潔で快適な環境が求められます。キッチンの排気、すきま風、またオープンカフェのような空調の利きにくい空間など、現場ごとに異なる条件に対し、空気の流れを配慮した冷暖房システムのデザインが必要です。また、食料品や酒類などをストックしておく場所には、自然で安定した涼しさや、湿度管理が求められます。

 
  • 長く滞在できる快適な客席
  • 窓辺のドラフト防止
  • エントランスやトイレの暖房
  • 食料品の鮮度保持、熟成、貯蔵
  • ワインセラーの湿度管理
エントランス・待合スペースの暖かさ
冬に、キッチンの排気による負圧でエントランスのドアから冷たい外気が入ってくると、待合スペースや近くの客席が寒くなることがあります。
エントランスが自然な暖かさで包まれていたならば、落ち着いて待つ時間を過ごすことができ、またレストラン全体の快適性向上にもつながります。

電気ヒータPS HR(E)は、スポット的にエントランス周りを暖房するのに最適です。コート掛けや鏡などの組み合わせで、インテリアデザインにマッチした暖かな空間を演出することができます。雨や雪で濡れたコートをPS HR(E)にかけておけば、帰るときには乾いていて、さりげないおもてなしにもなります。
➡電気ヒータPS HR(E)

冬季の窓際のコールドドラフト防止には、PS HRヒータやPS HR(E)が最適です。
➡放射暖房PS HRヒータ / VLX、Cタイプ
客席
レストランによって、オープンなキッチンや個室、テラス席など、いろいろな客席のスタイルがあります。食事中に空調の音や気流感を気にせずに、ゆっくりと滞在できる快適な環境づくりには、除湿型放射冷暖房PS HR-Cは最適な選択肢のひとつです。PS HR-Cは放射と自然対流で冷暖房をするので、気流感がなく快適な時間をすごすことができます。また空気の流れと熱の流れを考慮した室内気候のデザインが可能です。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
➡放射暖房PS HRヒータ
食料品保管庫
食料品の保管には、温度と湿度の安定性が不可欠です。ワイン、野菜、ぬか床、チーズなどの保管や貯蔵に最適な涼しい空間として、 PS cantina(ピーエスカンティ‐ナ)をご提案しています。PS cantinaは、冷水を流したラジエータで涼しい放射環境を実現した空間です。食料品を冷放射で直接冷やすことができるので、空気温度を下げ過ぎずに、気流感のないしっとりとした安定した環境が実現できます。
➡PS cantina
ワインセラーの加湿
エアコンの除湿作用でワインセラー内の空気が乾燥することがあります。空気が乾燥するとワインのコルク栓が収縮して瓶の中に空気が入り、ワインの変質につながります。下がった湿度を補う場合には、高精度な制御が可能なピーエス電熱式蒸気加湿器SU、RSが最適です。
➡蒸気式加湿器

現場事例