こども・教育施設

教育施設に求められる室内気候

学校などの教育施設には、こどもたちがいつでもどこでも学べる環境と、地域の拠点としての役割を担える機能が求められます。社会に求められるニーズは時代とともに変わりますが、変化に耐えうるサスティナブルなデザインが求められます。ピーエスの放射冷暖房や加湿器・除湿機は、「快適、省エネ、頑丈」な設備です。施設のサスティナブルな運用に貢献します。

 
  • 集中して学べる環境
  • 冬季の感染症予防
  • トイレや更衣室の快適さ
  • 給食室の除湿
教室や廊下
集中して学ぶためには、脳のための新鮮空気と、適度な涼しさ・暖かさが必要です。また様々な用途にも対応できるオープンな空間が求められます。
除湿型放射冷暖房PS HR-Cは、教室や廊下の快適づくりに最適な設備です。一般空調とは異なり、熱の流れと空気の流れを分けて考えることができるので、気候の良いときには窓をあけて新鮮空気を取り入れながらも、涼しさ・暖かさを保つことができます。外の自然に開かれたオープンな快適空間をつくることができます。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
➡放射暖房PS HRヒータ
感染症予防の加湿
特に乳幼児などの小さなこどもたちの保育室や、学校の保健室、また受験を控えた学生の集う予備校や学習塾などでは、インフルエンザなどの感染症予防のために、室内の湿度管理が欠かせません。冬季の感染症予防には湿度を40~50%以上に保つと良いとされています。確実に湿度を上げ、衛生的で、かつ給水の手間の無いピーエス蒸気式加湿器をおすすめします。
➡蒸気式加湿器
トイレや更衣室
トイレや更衣室は、寒さやジメジメが気になる場所です。季節や天候を問わず気持ちよく使える空間をつくるには、電気ヒータPS HR(E)は最適な選択肢のひとつです。冬の暖房はもちろん、梅雨時期や夏場にも空気の温度を上げ過ぎることなく、放射熱でここちよい暖かさを実現します。
濡れたタオルや衣類も乾かせるので、雨や雪の日も快適に過ごすことができます。
➡電気ヒータPS HR(E)
調理場の除湿
調理場の環境として、従来のウェットシステムを運用しているところでは、午後の洗浄作業後から翌朝の開始時まで湿度が極めて高い状態にあります。湿度が高いと床などの水が乾燥せずにカビが発生し、食中毒の危険も増大します。
ピーエスの除湿機DHは、除湿能力が高く、自動排水で連続運転が可能で、カビの防止に有効です。
➡除湿機
図書室
図書館のページ
体育館/プール
スポーツ施設のページ
音楽室/楽器庫
音楽関連施設のページ