病院/クリニック

医療施設に求められる室内気候

体に負担が少ない冷暖房設備で、患者さんがリラックスできる環境を提供することは、医療施設の経営戦略のひとつの要となりえます。また多くの人が集まる場所であるため、感染症予防のための湿度管理は必要不可欠です。病院やクリニックで使われる冷暖房設備や加湿器には、衛生的で耐久性があり、管理スタッフの作業負担がかからないものが必要です。

 
  • 感染症予防
  • 待合室や診察室の快適
  • 精密機器を守る温度・湿度環境
  • 透析室の快適
  • 廊下やホールの冷暖房
待合室
患者さんが診察や会計までの時間を過ごす待合室には、心地よい暖かさ・涼しさが求められます。
除湿型放射冷暖房PS HR-Cは、快適に滞在できる環境づくりに貢献します。PS HR-Cは“放射と自然対流”によって、自然な暖かさ・涼しさを作り出します。温風や冷風が吹きつけることもなく、穏やかで快適な環境を実現できます。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
暖房用は➡放射暖房PS HRヒータ

乾燥感の低減や感染症予防には、加湿器の利用が効果的で、方式としては衛生的な蒸気式が適しています。ピーエスの蒸気式加湿器は、自動運転で給排水の手間がなく、確実に加湿をします。
➡蒸気式加湿器
病室
入院患者さんが療養に専念できるよう、病室の環境としては体に負担の少ない自然な快適さが求められます。PS HR-Cは、“放射と自然対流”によって、風や乾燥感の無い自然な涼しさ・暖かさを実現する冷暖房設備です。天候や気候の良いときには、窓をあけながらお使いいただけます。またラジエータの表面がすべて室内に露出しており、掃除がしやすく衛生さを保てます。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
➡放射暖房PS HRヒータ
MRI/CT検査室
MRI/CT検査室は、機械から非常に大きな発熱があります。機器発熱を除去するために専用の空調機を設ける場合がありますが、梅雨時などでMRIの稼働率が低い時は高湿度状態となり、精密機器に結露が発生して問題になることがあります。結露防止には、除湿機の使用が効果的です。ピーエスの除湿機DHシリーズは、ドレン配管と接続することで人の不在時も連続運転が可能です。まダクト接続による室外設置も可能です。
➡除湿機
透析室
治療が長時間におよぶため、体に負担の少ない快適な環境が求められます。PS HR-Cは、放射と自然対流による冷暖房で、気流感ない冷暖房設備です。また冬期の暖房時には、湿度管理が不可欠です。乾燥感の低減や、インフルエンザなどの感染症予防、また電子機器の静電気による誤作動を防ぐにも加湿は有効です。
廊下・ホール・デイルーム
廊下やホールが快適であれば、いつでも自発的に歩行トレーニングやストレッチなどのリハビリを行える活動空間になります。PS HR-CやPS HRヒータは、快適な暖かさ・涼しさを実現します。

現場事例