電子機器製造

電子機器製造における湿度管理

プリント基板などの電子機器は、湿度に非常に敏感です。湿度が高いために生じるわずかな腐食(サビ)や、湿度が低くて起こる静電気放電(ESD)は部品の破壊につながります。一年を通じて、安定した湿度環境が求められます。

 
  • ESD(静電気放電)防止
  • 恒温恒湿
  • 冷房加湿
  • 保管庫の安定した湿度
  • 冷房負荷低減
ESD(静電気放電)対策
電子機器の誤作動や破壊損傷の一因となるESDを防ぐための対策として、加湿は有効な手段のひとつです。加湿を十分に行うことで物体の表面に薄い水膜を形成し、帯電を防ぎ、静電気を逃すことができます。
湿度が高いほどESDは起こりにくくなりますが、温度変化による結露を防ぐため、湿度変化に即応する制御性の高い加湿システムが必要です。
クリーンルーム
半導体デバイスは、高精度の恒温恒湿環境のクリーンルームで製造されます。
制御性が高い電熱式蒸気加湿器による設計が一般的ですが、大空間の場合はクリーンで省エネ加湿が可能な細霧式の一流体加湿システムMFも有効です。
➡蒸気式加湿器 SU / RS
➡一流体加湿システム MF
基盤実装ラインの加湿
プリント基板への実装段階では、半田付けの際に大量の内部発熱があり、その冷却のために大量の換気を行う必要があります。冬期に冷房が必要なことも多く、冷房負荷を抑えるためにも細霧式の加湿システムは有効です。
純水ユニットを組み込みの衛生的で省エネな一流体加湿システムMFをはじめ、規模や用途に合わせて最適なシステムをご提案します。
➡一流体加湿システム MF
➡二流体加湿システム AF
半導体部品保管庫
半導体デバイスは、部品にわずかな腐食(サビ)が発生しても故障の要因となります。半導体デバイスの腐食は、プリント基板と同様に製品の信頼性に大きく影響するため、半導体デバイス倉庫の湿度管理は極めて重要です。
腐食防止には絶対湿度を下げることが有効で、コンパクトながら確実に除湿ができるピーエス除湿機DHは多くのデバイス倉庫で採用されています。
➡除湿機