住まい

住まいに求められる室内気候

住まいは、生活の基盤となる場所です。より自然で、季節の変化を五感で感じられるような、健やかな室内気候が求められます。ピーエスは、住む人と建築家と一緒になって、地域の気候とその人のライフスタイルに合った快適な室内気候をオーダーメイドでつくりあげます。

 
  • 安眠のための涼しさ、暖かさ
  • 吹き抜け空間の冷暖房
  • 水回りの快適
  • タオルを乾かす
  • 玄関からの冷気を防ぐ
寝室
熱帯夜の寝苦しさや、寒さでベッドから出るのがおっくうになるというストレスから解放されるには、除湿型放射冷暖房PS HR-Cは最適な選択肢のひとつです。PS HR-Cは「放射と自然対流」という自然な熱の伝わり方を利用した冷暖房設備です。24時間連続運転が基本で、涼しさや暖かさが途切れることなく、いつも快適にお過ごしいただけます。建物にも熱が蓄えられるため、結果的に省エネにもつながります。放射熱は空気の流れに左右されないので、気候が良いときには、窓をあけて新鮮空気を取り入れながら快適にお使いいただけます。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
寒冷地や冬の暖房のみ、という場合にはPS HRヒータをお選びいただけます。
➡放射暖房PS HRヒータ
吹き抜け空間
天井が高い吹き抜け空間では、冬場に暖まった空気が天井付近に集まり、足元が冷えることがよくあります。このような空間の冷暖房には、「放射と自然対流」を利用したPS HR-CやPS HRヒータが最適です。放射で温度のベースをつくることで、上下の温度差をより小さくすることができます。
➡除湿型放射冷暖房PS HR-C
➡放射暖房PS HRヒータ
水周り
脱衣室やキッチン、またトイレなどの湿気がこもりがちな水周りには、タオルウォーマーなどの放射暖房機があると快適性が高まります。冬の暖房だけでなく梅雨時期なども、空間を放射の熱でカラッと乾かすことができ、また濡れたタオルなどもかけておいて乾かすことができます。温水暖房PS HRヒータを設置する場合もありますが、暖房シーズン以外にも脱衣室だけを少し暖かくしたい場合には、配管が不要でスポットで取り付けができる電気ヒータPS HR(E)をおすすめしています。雨の日のドライ目的でもお使いいただけます。
➡放射暖房PS HRヒータ
➡電気ヒータPS HR(E)
➡PS HR(E)タオルウォーマー
エントランス
玄関から外の冷気がそのまま室内に入ると、廊下や隣接する部屋が寒くなります。冷気を室内に直接入れないためには、エントランスを放射熱で暖房するのが効果的です。放射熱は空気の流れに左右されないため、出入りのある場所の暖房に適しています。濡れた傘やコート、レジャー用品などもヒータにかけておいて乾かせるので重宝します。
➡放射暖房PS HRヒータ
➡電気ヒータPS HR(E)