空気清浄機能付 気化式加湿器 PH-15,28

加湿方式気化式
型式PH-15、PH-28

エラーコード一覧

コード(警告) コード(故障) エラー内容 製品の状態 ランプ/表示 詳細
- Error 1 給水タンク/カバーが開いている 運転停止 赤ランプ点滅 詳細はこちら
- Error 2 水位異常(高水位) 運転停止 赤ランプ点滅/ブザー 詳細はこちら
- Error 4 リモート湿度センサー異常 運転停止 赤ランプ点滅/ブザー 詳細はこちら
Warning 6 - フィルター/加湿マット寿命 運転継続 赤ランプ点灯 詳細はこちら
Warning 7 - 水位異常(低水位) 運転継続 赤ランプ点灯 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Error 1
エラー内容給水タンク/カバーが開いている
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Error 2
エラー内容水位異常(高水位)
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Error 4
エラー内容リモート湿度センサー異常
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)Warning 6
コード(故障)-
エラー内容フィルター/加湿マット寿命
製品の状態運転継続
詳細 詳細はこちら
コード(警告)Warning 7
コード(故障)-
エラー内容水位異常(低水位)
製品の状態運転継続
詳細 詳細はこちら
●エラー時には操作パネルの液晶画面にエラー内容が表示されます。
●正常運転時にはランプは緑色ですが、エラー時には赤色に変わります。

日常利用時の運転の開始と停止

  • 運転の開始

    1.

    給水タンク内の水を確認し、少ない場合はタンクを外して給水して下さい。

    2.

    オンオフキーを押してください。ディスプレイに現在湿度(Act)と運転モード(HA4など)、標準運転モード時は設定湿度(Set)/プログラムモード時は曜日と時間が表示されます。

    3.

    1分後にファンが運転し始め、加湿/空気清浄運転を開始します。

  • 運転の停止

    1.

    オンオフキーを押して下さい。運転が停止し現在の設定が本体に保存されます。

  • 長期間運転を休止した後の運転開始

    1.

    運転開始前にフィルターや加湿マット、吸い込みグリルや水皿などを取り扱い説明書を参考に清掃して下さい。

    2.

    給水タンクへ給水して下さい。

    3.

    電源を接続し、オンオフキーを押して電源を入れて下さい。

    4.

    設定湿度やプログラムなど、運転メニューをご確認ください。

  • 長期間使用しない場合の停止

    1.

    運転モードを空気清浄モードに切り替え数時間運転し、加湿マットを乾燥させてください。

    2.

    オンオフキーを押して運転を停止してください。

    3.

    コンセントを抜き、給水タンクや水皿に残った水を捨てて下さい。埃の多いところに設置されている場合はカバーをかけて下さい。

FAQ 全てを開く 全てを閉じる

FAQ