日常利用時の運転の開始と停止

  • 運転の開始

    1.

    運転スイッチを「入」にして下さい。システムチェックがスタートし、運転ランプ(緑)が点灯します。(設定湿度に達している場合は運転ランプは点灯せず、加湿は行われません)

    2.

    湿度調節器の設定が適正値であるか確認してください。

  • 運転の停止

    1.

    運転スイッチを「切」にしてください。ディスプレイが消え、運転ランプが消灯します。

  • 長期間運転を休止した後の運転開始

    1.

    給水バルブ(現地手配)を開きます。

    2.

    現地配電盤の加湿器用漏電ブレーカーをONにして下さい。

    3.

    インターロックをとった機器(空調機等)を運転して下さい。(直吹ファン付きの場合は不要です)

    4.

    湿度調節器の設定を調整し加湿要求信号を入れて下さい。

  • 長期間使用しない場合の停止

    1.

    給水バルブを閉じて下さい。

    2.

    排水スイッチを押して蒸発槽内の水を全て排水して下さい。10秒間押し続けると連続して90秒排水します。これを2回繰り返すと全て排水します。

    3.

    スケールタンクの水も排水して下さい。

    4.

    運転スイッチを「切」にして下さい。加湿器用漏電ブレーカーがある場合はOFFにして下さい。

FAQ 全てを開く 全てを閉じる

FAQ