電熱式蒸気加湿器 SU

加湿方式電熱式蒸気加湿
型式SU-157A、SU-257A、SU-487A、SU-557A、SU-737A、SU-967A、SU-1107A、SU-1657A、SU-2307A

エラーコード一覧

コード(警告) コード(故障) エラー内容 製品の状態 ランプ/表示 詳細
Er-02 過熱警報 運転停止 過熱(黄)点灯 詳細はこちら
Er-03 断水警報 運転停止 断水(黄)点灯 詳細はこちら
Er-13 入力信号異常 運転停止 - 詳細はこちら
CLEAN - 清掃要求 運転継続 - 詳細はこちら
- Er-04 清掃警報 運転停止 - 詳細はこちら
コード(警告)
コード(故障)Er-02
エラー内容過熱警報
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)
コード(故障)Er-03
エラー内容断水警報
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)
コード(故障)Er-13
エラー内容入力信号異常
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
コード(警告)CLEAN
コード(故障)-
エラー内容清掃要求
製品の状態運転継続
詳細 詳細はこちら
コード(警告)-
コード(故障)Er-04
エラー内容清掃警報
製品の状態運転停止
詳細 詳細はこちら
●エラーコードは一番上の枠内に表示されます。(通常は運転時間合計値を表示)
■運転ランプ 運転スイッチONで橙が点灯します。
■加湿ランプ 正常運転時、赤が点灯します。
■断水ランプ 黄が点灯します。このランプがついた場合、蒸発層内の水位が下がり、加湿運転が停止したことを示し、点検が必要です。
■過熱ランプ 黄が点灯します。このランプがついた場合、過熱防止のサーモが働いて、加湿運転が停止したことを示し、点検が必要です。(手動にて復帰します。)サーモ動作後10分以上経ってから復帰してください。
■排水ランプ 赤が点灯します。このランプがついた場合、定期排水中、点滅している場合は手動排水スイッチがオンになっています。

日常利用時の運転の開始と停止

  • 運転の開始

    1.

    運転スイッチを押して下さい。運転ランプと加湿ランプが点灯し、加湿運転を開始します。 (設定湿度に達している場合は加湿ランプは点灯せず、加湿は行われません)

    2.

    0~15分ほどで蒸発槽内の水が沸騰し、蒸気が出始めます

  • 運転の停止

    1.

    運転スイッチを押して下さい。運転ランプと加湿ランプが消灯します。ファンユニット付きのタイプの場合は2分後にファンが停止します。

  • 長期間運転を休止した後の運転開始

    1.

    給水バルブ(現地手配)を開き、加湿器へ給水します。自動で適正水位まで給水します。

    2.

    現地配電盤の加湿器用ブレーカーをONにして下さい。

    3.

    加湿器内蔵の漏電遮断器をONにして下さい。

    4.

    インターロックをとった機器(空調ファン等)の運転をして下さい。(直吹ファン付きの場合は不要です)

    5.

    湿度調節器を接続している場合は、湿度の設定をあわせて下さい。

    6.

    給水が終わったのを確認して、運転スイッチを押して下さい。

  • 長期間使用しない場合の停止

    1.

    給水バルブを閉じて下さい

    2.

    運転状態のまま、手動排水ボタンを押して、水槽内の水の排水を行って下さい。排水終了後、もう一度手動排水ボタンを押して、排水をOFFにして下さい。

    3.

    運転スイッチを押し、加湿器本体の運転をOFFにします。

    4.

    加湿器内蔵の漏電遮断器をOFFにします。

    5.

    必要に応じてインターロックをとった空調機を停止して下さい。

    6.

    現地配電盤の加湿器用のブレーカーをOFFにする

FAQ 全てを開く 全てを閉じる

FAQ